上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
早いもので、2009年も残るところ1日。
今までの人生で最もアツかったこの1年。
本当に悩み、笑い、泣き、ワクワクしたこの1年、2010年に繋げるためにじっくり考察してみたい。

自分を変えて、世界を変える。
この言葉を2009年1月1日、実家の静岡で書き殴った。
今までの自分を越えたかった。
より驚きが溢れる世界へ辿りつきたかった。
具体的なイメージはなかったが、とにかく変えたかった。そんな若い自分がいた。
野田智義氏著リーダーシップの旅を読んで得た気づきを軸に、
2009年のスタートからがむしゃらに走り続けてきた。

1月:『出会い』
とにかく学生・社会人に会った。本をひたすら読んだ。ブログで想いを綴った。
就職活動を今経験したくて、スローガンに週3日の勢いで通った。友人と共にサークルを立ち上げた。始めて、自らの自主的な試みで世界が急激に変わっていくことを感じている自分がいた。

2月:『飛躍』
さらに人と出会い、自分自身の力で仕掛ける楽しみを知る。
☆自ら立ち上げた学生団体、Global Catalystの活動の軸である経営者インタビューをとことん行った。
創業者の自らの声を聞くことで、チャレンジすることの楽しみを感じられるようになる。
Alpha Leadersの入住氏にもお世話になった。
☆ビジネスコンテストFRI Campに初出場、優勝。ここからビジネスの可能性・面白さに対して惹かれる。しかし、当時はビジネスを学ぶことを狭く目的として捉えたことで、違和感を覚える。
スケール感は小さかったが、確かな手応えを感じていた。

3月:『失速』
経営者インタビューをさらに続け、セミナー参加等を通して人と出会い続けるが、『迷う』
一体自分は何かしたかったのか??走っている目的のイメージが掴めずに悩んだ。
空回りしていた。
しかし、ここでまた転機が訪れる。
NGO団体Room to Read創業者であるJohn Wood氏の著書と出会う。
心が燃える。1人の人間がここまで世界をポジティブに変えることが出来るのか・・?
信じられないくらいのInspirationを貰った結果、リアルと出会う旅に出ることを決意した。

4月:『カラフル』
☆人生が変わった旅、ベトナム・カンボジア。
今までの世界観が破壊された、そして新たな色が見えた。
今までスッキリしなかった未来像が見えた。
☆恩師、藤沢 烈氏とついに出会う。鈴木仁士の世界にさらに衝撃が走った。
Table For Twoにもこの時期に出会う。社会問題解決と事業性両方を追求したモデルに衝撃を受ける。

5月:『始まり』
☆カンボジアにて着想を得た新たな寄付パーティー『Dreams for Asia』という旅が音を立てて始まった。
1人で1歩を踏み出す感覚。野田さんの言葉を身にしみて感じた。
本当に苦戦した。協賛先企業の多くとぶつかった。共に歩むパートナーの重要性も痛感した。
そして何より、Grassroots(草の根)から変革を起こせるということを心の底から信じている自分に
客観的に気づけた。自分は一体何を伝えたいのか?初心に戻り探究した。
☆同時期に、鈴木仁士の人生を変えた野田氏が代表を務めるISLでのインターンが開始する。

6月:『巻き込み』
☆自分の声が、世界に届き始めることを感じる。葛藤し続けた後に光が見えた。
Street Canvasでのインターン開始。素敵な女性起業家のR氏にも出会え、面白い学生と共にArt×Crowd Sourcingビジネス構築へ取り掛かる。

7月:『勢い』
☆恩師、Beers for BooksGary氏に出会う。
想いが想いを繋げる
夢を支えてくれる社会人の強さ・そして存在について実体験と共に気づく。
今まで会う可能性のなかった面白い方々と毎日出会い、今まで以上のスピード感で目標達成へ近づいていることを
体感。
ある程度のフローを得てからは、止まる気がしなかった。

8月:『DO or DIE』
『Dreams for Asia』漬けの毎日。
明日死んでも後悔しないってくらい没頭した。
チームと共に最高なイベントを創る旅、本当に楽しかった。

9月:『躍進&内省』
Dreams for Asia第一弾が形としては『成功』に終わった。
そしてすぐカリフォルニア州サンディエゴへ『革命』留学。
4ヶ月間走り続けてきた目標を形式的には達成したことで、満足感と共に
激しい内省に駆られた。
確実に自信を得たが、一体自分はなぜ『Dreams for Asia』をスタートしたのか?
一体どんな鈴木仁士になりたいのか?何を世界に残して、死にたいのか?
という問いが次から次へと浮かび上がってきた。
そこで人生史上最も考えたし、様々な悟りを得れた。
インタビューを通して過去の先駆者が得た知見を擬似的に吸収し、とにかく
世界を『ひっくり返す』試みへ思考を巡らした。

10月:『ソーシャルメディア≒繋がり』
☆自分が無条件で達成したいことを探しながらも、サンディエゴにて
『わくわく』のリソースと出会えた。
それがTwitterに代表されるソーシャルメディア。米国にて辛い・アツい思考を
リアルタイムで世界中の人間と共有→盛り上がれる→創造に近づけるプロセス。
なんて最高な時代に生まれたのだ・・そう痛感した。
サンディエゴのRoom to Read Chapter Leaderの方と共に米国でも目的を遂行出来ると
いう手答えも覚えた。
☆University of California, San Diegoにて友人と共にRoom to Read学生支部も設立。
世界を繋げる試みを展開。

11月:『突き抜け』
ずっとずっと考えていた実現したい未来像が遂に見えた。
『驚き』で世界の精神的貧困を根絶する。
途上国とか、教育を提供するとか、『何か』を提供するのではなく、
自分達自身を改めて直視した。全然『途上』だった。
もし根底から世界を変えるのであれば、その変化は私達自身の中から起きないといけない。
気づいたら『Wonder Shake』を開始していた。
ライフスタイルから私達の認識が変わる子供に戻れるわくわくする場の創造
オンラインでの気づきから、リアルライフでの変化。
実験段階だったが、とりあえず走り始めた。

12月:『SHAKE』
人生が、世界が『確信』と共に揺れ始めた。
Twitterを経由して面白いプロジェクトを共にやらないか?そう社会人の方にお誘いされたり、
世界中で動いている学生と繋がり合って仕掛けを用意したり。
『ソーシャルメディア×ワールドイノベーション』

現在は2週間前から始めたNY→LAの旅の途中。
相当久しぶりに日本外で過ごす年末。
クリエイティブが集まるこの町で何を思いながら2010年を迎えるのか?

2010年はそう。
『決意、そして革命』の1年。

ワクワクで溢れていた2009年。
しかし、好奇心に限界はない。
Wonder Resouceは無限。

世界中に、ナイジェリアに、ロンドンに、カンボジアに、日本に。
心が動く驚きを。

2009年の自分を越える。2011年の自分を越える。
過去も未来も、『今』変える、突き抜けていく。

2010年もまだまだ途上な鈴木仁士を宜しくお願い致します。

新たなストーリーの始まり。
新ブログ始めます。










スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ronaldo9satoshi.blog97.fc2.com/tb.php/56-d754b73e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。