上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日も午前6時寝→午後2時起きでしたが、色々と学びがありました。

ソーシャルメディアの可能性についてINSPIREされながら、思考を巡らしてところ、
Twitter上にて、@IHayato氏とお話し、日本版のMashableを創ったらアツいよね?という話で
盛り上がりました。

自分はやはりソーシャルメディアに相当な可能性を感じています。
ソーシャルメディアが今後、1人の人生【(目的)実現へのプロセス】を大きく変えると感じます。
故に、2010年はMashable並みにスタイルあり、スピード・スケール感のあるサービスを
創ろうと考えています。同様のアプローチで日本版のMashableも相当面白いと考えています。

さて、本日は。

内容が良いのだが英語で長い・・・という問題点があったので。
著名ライターのSeth Godin氏が集め、無料で共有して下さった
What Matters Nowの要点をまとめてみることにしました。
完全に勢いでやってます笑

全て英語なのですが、これは『面白い』です。
現在、変化を最前線で生んでいる人々の名言。
PDFファイルが『FREE』かつ、内容が本当に濃い。

ではどうぞ。簡易版、What Matters Now。
和約&要約バージョンなので、本来の良さが消えてしまうことは十分承知ですが、
今日を楽しむ参考までに!

本日は、最初の20個を紹介します。さすがに一時間で82個は厳しいです笑

**********************************************************************************************
What Matters Now: 今、本当に必要なこととは?

1. 寛容さ:
変化を生むことは、何かを提供することだ。
今年あなたは、何かをあげることで、より多くのものを得ることを知るだろう。
-Seth Godin,著者、スピーカー、ブロガー

2. 恐怖:
誰もが恐怖を感じている。だが、恐怖が去るまで、果敢に生きる意思決定をとろうじゃないか。
-Anne Jackson, 著書:Permission to Speak Freely

3.事実:
事実として許容されていて、効果が普及していて、
人々によって実践されていることほど疑わなければいけないものはない。
-Jessic Hagry Blog: Indexed

4.尊厳:
尊厳とは、自らの人生を創る、運命を自分が握る結果としてついてくる価値である。
お金を誰かに提供することは容易だが、尊厳を与えることは難しい。
2010年、隣の人間が自分自身の人生を描ける仕組みを創ることは『機会』ではなく、
私達の『責任』である。
-Jacqueline Novogratz, Acumen Fund 創設者

5.意味:
情報が多い中で、人々の意見を全て聞いていたら日が暮れるだろう。
自分の声を聞こう。
-Hugh MacLeod Blog: Gaping Void

6.安らぎ:
私達は生き急ぎすぎている。今日一日だけでも、心を休ませてみようじゃないか。
-Elizabeth Gilbert, 著書:『Eat, Pray, Love』

7.繋がり:
Twitter, Facebook, Blog等によって『繋がり』は増えた気がするが。
街に出れば、すれ違う人々はあいさつもしない、下を向いて歩いている。
しかし、私達は今までにない『繋がり』を感じている。
あなたも一度、考えてほしい。
-Howard Mann, スピーカー、実業家、著書:『Your Business Brickyard』

8.(再)資本主義
不変なものはない。資本主義だって『進化』している。
故に、変化を否定してはいけない。
-Chris Meyer, 著者

9.ビジョン
ビジョンとは私達の、組織内を走る『血流』である。
私達は長期戦になると、モチベーションを失いがちになるが、
最も大事なこと。それは描きたい未来像≒ビジョンをもつことである。
ビジョンが全てのきっかけになる。
-Michael Hyatt, Thomas Nelson Publisher社長

10.充実
あなたは、誰かの一日を充実させることで、『充実』出来る。
そのために出来ること:
①約束をすること→何かを与えること
②面倒をみること→自分同様に共感すること
③繋げること→人間を繋げる機会を設けること
④会話をすること→相手が聞きたいことではなく、『素直』に話そう、
⑤可能性を拡大すること:相手をワクワクさせよう
その結果、気づけばあなたは『充実』しているはずだ。
-Rajesh Setty, シリコンバレー出身、実業家・著者・スピーカー

11.1%
ほんの少しのきっかけがあれば、世界を変えることは可能である。
数ではない、質だ。今年はその可能性を感じ取ろう。
-Jackie Huba, 著者『Citizen Marketers』

12.伝える
何?を話すかより、何故?それを話すかが重要である。
素直になろう、リアルになろう、自分の熱さをさらけ出そう。
これはリスクだろうか?いや、結果を見たらあなたは驚くだろう。
-Mark Hurst, Creative Good創設者

13.原子
この10数年で、WEB上にて様々な技術が生まれてきた。
今年は、コンセプト上で認知され始めた概念(≒原子)が真に試される年だ。
本当の革命はここから始まる。
-Chris Anderson, 『Wired Magazine』編集者

14.エクセレンス
(19 Es of Execellenceという内容でしたが、長いのでそこから面白いものをピックアップ)
『自分のベストを引き出す際に現れる最悪の危険は、
私達が目的を高く立てすぎてそれを達成出来ないことではない。
目的を低く設定して、それを達成してしまうことだ』(ミケランジェロ)
-Tom.Peters 著書:"The Little Big Things:163 Ways to Pursue Excellence"

15.ベスト
全てのことにおいて一番になるのではなく、自分が信じられることでベストになることを考えよう。
-William.C.Taylor, 雑誌『Fast Company』共同創設者

16.強み
『弱み』ではなく、『強み』を知り、集中しよう。
強いことと弱いことの違いは何か?
あなたは、自分が強いことを『自然』と出来るのではないだろうか?
自分が信じられる好きなことを極めよう。
-Marti.Barletta コンサルタント、著書:『Marketing to Woman』

17.さざ波
教育には、『波及効果』がある。
一冊の本で、子供は自らの世界を無限に拡大し、世界を変えられる。
しかし、途上国ではさざ波を起こす最初の一歩が今までなかったのである。
私は世界中に学校があり、図書館があり、
子供が教育を受ける環境がある世界を夢見ている。
『木を植える最も最適な時期は20年前だった。二番目に最適な時期は『今』なんだ』
-John Wood, Room to Read創設者

18.非持続性
持続可能性を実現するためには、まず『非持続可能生』を
実感をもって『直視』しないといけない。
-Alan.M.Webber 雑誌Fast Company創設者

19.自主性
マネジメントという概念は『自然』ではない。
もしあなたが、メンバーの自主的な取り組みを求めているのなら、以下のことに関する『自由』が必要だ。
①タスク:『何』をするか?
②時間:『いつまで』にやるのか?
③スキル:『どのように』やるのか?
④チーム:『誰と』やるのか?
リーダーと言われる人間は、やり方を押し付けない。
-Daniel.H.Pink 著書『Whole New World』から。

20.ポーカー
ビジネスとは『ゲーム』だ。
私はビジネスで起きる全ての事柄をポーカーから学んだ。
ビジネスで『成功』したいのなら、
それを『生きる』ように『空気を吸う』ように愛さないといけない。
-Tony Hsieh, Zappos.com 社長

**********************************************************************************************

上記の様ような、内容がつまっているわけです。
『What Matters Now』

82個読んで思います。
それは、いつだって変化は自分で創るものだってこと。

一体自分は、あなたと共にどこまで楽しむことが出来るのでしょうか?

今後とも共創、宜しくお願い致します。











スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ronaldo9satoshi.blog97.fc2.com/tb.php/54-e703b37e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。