上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大分久しぶりにブログエントリーです。
その理由は多くの方々と同様、『Twitter』さんの影響です。
先日、友人のJ氏から:
『Doublesほど海外にいて母国とコミュニケーションをとった者はいない。本書けば?笑』
と評価されました。
でも本当に。Twitterのおかげで、Social Mediaのおかげで正直『時空』という常識、壁の制約がなくなりました。
今では、日本にいた時より、世界中の面白い方々とリアルタイムで語れます。
想いと想いが繋がる、幸せで仕方がない!そんな21世紀です。

さて、今回のエントリーはタイトルそのまま、Doubles『11月』をまとめます。
Twitterでフォローをして頂いている皆様には日々更新をしていましたが、
改めてここで思考をまとめてみます。
項目別にお送りしたいと思います。

9月:夏走りっぱしだったので、体を休ませました。University of California, San Diegoでの
革命留学のスタート。

10月:内省に内省、外部ネットワーキングを続けた1カ月。
ずっと自分がやりたいことについて、ネクストステップについて考えていました。
John Woodにもようやく直接お会いできました。
世界教育×ソーシャルメディアを切り口に思考を巡らしていました。

11月はどんな月だったのか?? 勝手ながらご紹介させて頂きます。

Doublesコンセプト:『Social Innovation×Social Media×Students』
長文ですが、お届けしたいことは3点です。
お付き合い頂けますと幸いです。

① Room to Read、そしてTwestival 2010!!!!!
1)チャプター活動

ご存じ、2009年の夏、自分の中で最も熱かったのは『Dreams for Asia』でした。
もちろん、San Diegoに来ても、Room to Readの激アツサポーターです。
東京にて、尊敬するBeers for Books代表のGary氏からRoom to Read San Diegoチャプター(注:Room to Readは世界中にファンドレイジング拠点があります)のリーダーさんを紹介して頂きました。
その方がまた素晴らしい方で、学生の夢をガっつり応援してくれました。
現在は、San DiegoにてRoom to Readを支援する社会人の方々と繋がっています。

さて、世界に学びを届けるアイデアはたくさんありましたが・・
とりあえず自分がやりたかったこと。
それは『世界』×『同時』開催、ファンドレイジングイベント。若い感じですね。
そこで当初考えていたアイデア。それは、ご存じYoutube(動画)、Twitter(実況中継)を駆使して、
『リアルタイム』で世界中が繋がること。
UCSDにTwitter Founder Biz氏とRoom to Read長のJohnを招いて、
『Social Media×Social Innovation×Students 2010』で対談をするというプランでした。
そのアイデアを出してJohnに即効メールした直後、『Twestival』の存在を知る・・・
Twitter×Festival・・なんて単純なんだ、と笑。
2009年は創設者が尋常じゃなくアツイ、NPO団体Charity Waterが寄付対象に。
1日で、200の都市を巻き込み、まさかの2500万円という寄付総額をたたき出しました。
そこで、Room to Read Headquarter (サンフランシスコにあります)に激PUSHして、
無事2010年の枠に応募。そして現在は結果待ちです。(2010年は3団体が選ばれます。)

現在はTwestivalに向けて準備をしています。

2) Room to Read学生団体、R.E.A.Dの設立。

UCSDに来てから、友人と即効9月中に学生団体を設立しました。
Room to Readをサポートする学生団体、ストレートです。
週に一回のMTGを実施、来週キャンパス内にて、ベイクセールやります。(かわいい・・)

現状としては、まだまだ勢いが足りませんが、
『2010 Twestival』は3月25日なので、その時はカリフォルニア中、いや全米を沸かします。
これは間違いないと思います。


② Ninja Neishon

11月から、友人が創業したストリートウェアブランド、
Ninja Neishon』で働いています。
創業者のT氏は起業家魂豊富、日本にも親しく、本当に面白い人。
ブレイクダンスもがっつり教えてもらっています。
気づけば、一緒にいるのが楽しくて・・11月おそらく毎日共に動いていました笑
またこのブランドは、夏にインターンをさせて頂いた『Street Canvas』同様、
本当にスタートアップ段階で、工夫・アイデア次第でどこにでも行ける状態。

ちなみに、創業者、また米国の学生から学べたことで面白かった発見を1つ紹介。

『こちらの学生は"空気"など知らない。めっちゃ自信家』。
この発見についての詳細は改めてエントリーしますが、簡単に言いますと。
彼らは『やればできる』、という想いが強いのです。


最初は違和感がありましたが、今となってはその尖っている感から学ぶことがたくさんあります。
そんな勢いで、Ninja Neishonを2010年6月までに『とんでもないブランド』に変身させるDoublesであります。

③ Wonder Shake

9月に渡米してから、ずっと考えていた自分のネクストステップ。
11月についに悟りました。
日常に世界を新しい視点から見る『驚き』を。
それが、本日初紹介する『Wonder Shake』です。
ウェブサイトは12月中に確実に公開します。

では、何をしたいかというと。
自分は世界中で現在見られる『物質的貧困』の原因は『精神的貧困』の中にあると思うのです。

『精神的貧困』は換言すると、『無感動・無関心・・無ムーブメント』。

私達は、『日常』見られる光景・人、出会う情報を『当たり前』として捉えています。
しかし、『認識』を変えれば、私達は何からでも学べる。(ここで学びの定義は、知る・理解するに近いです)
そこで、私達が毎日出会う物の『見方・感じ方』をひっくり返す(≒SHAKE)出来るのが、俗に言う『CREATIVITY』。より分かりやすくいうと、『アイデア』。そう、ぱっと見バラバラな物を『繋げて』、それらの価値を無限大に昇華させる『錬金術』なのです。

『Wonder Shake』
世界中の人間のクリエイティビティーが繋がる新たな『場』を構想・想像・創造します。

『Wonder Shake』、お楽しみに!!

という訳で、速足で11月をラップアップしてきました。

1つ言えることは、『まだ全然スピード感が足りない』、ということです。
もっと面白く、もっと激しく、もっとワクワクしたアイデアを出せると考えています。
自分、怠けすぎです・・・・
Twitterで尊敬する方々を追っていると、モチベーションが高まる!はい。

そして、最近増え始めていますが、ICU生ともガンガンTwitterでも繋れたら素敵です。

という訳で本日、明日あたり。
『12月に実現するDoublesチャレンジ』を紹介したいと思います。
少しでも参考になれば、嬉しい限りです。

ではHave a Great December☆








スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ronaldo9satoshi.blog97.fc2.com/tb.php/50-c99b419d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。