上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも、ご無沙汰しています。
10月のラストはバタバタして、11月に入ってからのエントリーとなりました。

さて、本日のフォーカスは『Mission Statement』。
(確認までに、Mission Statementの一般的定義はこちら)

10月もついに終わり、2009年も残り2カ月ということで、
原点に戻り、自分の『人生の軸』を見直しました。
渡米後は外部環境の変化で、戸惑うことが多々ありました。
絶対に相談が出来るパートナー、メンターは現地ではごくわずか。
その状況下で、ほぼ誰の助言もなく、思考に思考を続け、
本・ブログを厳選→読みあさってきました。
今年の真ん中とはまた異なる、思考錯誤の2カ月だと振り返りました。

さて、10月27日、Doubles Mission Statementは、
Big Picture・Small Pictureの二段構成です。

Big Pictureとは:人生の基盤・底にあたるもの
Small Pictureとは:基盤の上に築きあげる階段

というイメージです。
自分のMission Statementとは:
死んでも譲れない価値
です。
では、下記ステートメント+補足付きです。

***********************************************************************
【Big Picture 2009】

1.自分の『思考の枠(≒限界)』を認識し、それを絶えず超越していく。
→自分を高めるためには、自分を常に客観視する必要性がある。
自らを絶対化したら成長は止まってしまう。
→同じ時間を『あの人』ならどう生かすのか?? ボックスの外から自分を見ることで突破口が
発見できる。
 
2.Stay Hungry Stay Foolish (Steven Jobs)
→10月は『世界教育×ソーシャルメディア』を目的としてGoogle, Apple等の事例研究をプロセスベースでがっつり行いました。
それで改めてJobsについても調べましたが、彼のこの有名な言葉は本当に心に残ります。
彼が相当自らの作品に対して厳しい人物だからこそ、一層響く。
完璧主義者の彼を動かすシンプルなモーティブ。深いです。

3.目的(≒夢、未来)が明確であれば、『今』のプライオリティーは自然と決まる
→自分が有するリソース(時間、資金、人的・知的ネットワーク)をどう使うか??
選択肢が多いと以前も書いた『リソースバラドックス』に陥りやすい。しかし、現実化したい未来像が自分の中でくっきり見えれば見えるほど、世界はシンプルに美しくみえるようになる。

4.『場の匂い』は自分で創る
→空間には『匂い』がある。
対人関係でも、自らのパフォーマンスを最大化するというコンテクストでも。
環境が自分に対して与える刺激に『受け身』では人生つまらない。
誰かにムード・空気を変えてもらうのを待っているようでは生きている気がしない。
その場が尋常じゃなく盛り上がる知的好奇心を提供するのは『あなた』しかいない。

5.夢を実現する舞台は自分で創りだす
→これも前回の『夢を叶える舞台は自分自身で創る』で述べましたが、
舞台は誰かが全て用意はしてくれません。
どんな組織、コミュニティーにおいても。そしてその底にある文化、世界観、ルールさえも。
自分が最も輝く舞台は自分で0からでも創ってやる。というくらいの気概です。

6.真実は自分の肌で発見しに行く。
これは自分の尊敬する山口絵理子氏から感じとりました。
『私は第二、第三の情報は信じない。もしそれを信じて失敗したら、
当時意思決定をした環境を恨んでしまうから』

どうしようもないくらい共感しました。
『真実』は自分自身の肌で感じるものだと思います。
*********************************************************************

この世界観のもと、目的実現(世界中に『学び』を提供する旅)へ引き続き走ります。

では次回、Small Pictureをご紹介したいと思います。

あなたの、絶対に譲れない価値とは何でしょうか??
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ronaldo9satoshi.blog97.fc2.com/tb.php/48-a70aa5fe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。