上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1週間程ブランクが空いてしまいましたが、
様々な思考・チャレンジを試みながら、
引き続き『革命』を続けているDoubles in San Diego です。

さて、本日の内容。
それは、今年の初めから自分に原動力を与えて下さっている
山口絵理子さんのドキュメンタリーから感じ取った『問い』から生まれています。

いきなりですが、夢を追いかける人の笑顔は本当に美しい、そう強く感じるのは
私だけでしょうか?

山口さんという女性の生き様は本当に美しい。
アジアについての『真実』を知りたかった
そう感じた彼女は、気づいたら日本にいてもたってもいられなくなり、
自ら真実を発見しに旅立ちました。

『途上国』という言葉・概念に違和感を覚え、1人でバングラデッシュに直接行き
そこで大学院、起業という道程を歩んだ山口さんの背中から発されるメッセージ、生き様。

ドキュメンタリー動画は下記リンクからご覧になれます。
(3篇構成ですが、こちらは3篇目の動画になります。メッセージは十二分に伝わると思いますが、
もし前提知識が欲しい場合は一篇目からどうぞ)

情熱大陸 山口絵理子

私のMother Houseのバッグに対する想いは山口さん、そして現地で働いている職人たちに対する
感謝・尊敬の気持ちで繋がっている。
同情を超えて、その商品1つ1つに宿る想いに惹かれる。

世間に馬鹿にされるようなチャレンジをした彼女は現在、
自らが輝く舞台に立っていると強く感じます。

そこで浮上する問い。
自分とその世界との関係をどのようにして認識し、
あなたは生きていくのか??

その『問い』は私たちが世界と繋がりをもつ以上、
死ぬまで向き合わないといけないものだと思います。

あなたは現在、自分の夢を実現する舞台に立っていますか?

私たちは、自分がもし失敗をしたり、都合が悪い時。
自分が望んだ舞台に立てなかった時。

自分のどこかに問題があったと分かりつつも、私たちはその意思決定をした際に
自分を取り囲んでいた『環境』に対して、責任を押しつけたくなるのではないでしょうか??

あの人があの時~と言っていたから当時はやらなかったけど、
実際やってみたら自分が思っていたものと違った。損をした。

『環境』とは抽象的な言葉なので、具体化すると、それは『自分以外の人間の集合』。

自分以外の誰かの言葉に頼り、誰かのアプローチを待って生きていたら、
(完全否定はもちろんしていないが)、夢を実現できなかった時に、きっと私たちは
自分以外の誰かを恨んでしまいます。

もしあなたに実現したい夢があるのなら、その舞台は自分で創りに行くもの。
自らがむしゃらになって掴み取るもの。
真実は自分の肌で感じるもの。

山口さんの言葉を3月に聞いた時、涙がこぼれた。

なぜ途上国に残るの??無謀な試みだと思わなかったのですか??と聞かれた彼女の答え。
それは想像を絶するほど『シンプル=腹落ちした』であった、

『皆知らないだけじゃないのかな・・
本当はこの国の人もできるってことを』


彼女にとって自らの夢を実現する場所はまさに、バングラデッシュ現地であった。

真実は、叶えたい夢は自分で掴みに行く。

『最後の授業』で有名なRandy Pausch氏も幻の講義で述べていましたが:

『壁。それは自分がどれだけ、
夢を実現したいかを試すためだけに存在する』


本当に叶えたい夢があれば、環境が創りだす壁は関係ない。

その壁の向こうにある世界を見たい、その心の声が聞こえたなら、今すぐ走り出せばいい。
目的を実現する場を0から創造すればいい。

その生き様は最初にどれだけ環境に馬鹿にされたとしても。
私はこの世の何より美しいと感じるのである。

そして本当に。
ICU サッカー部、リーグ優勝おめでとうございました。
感動しました。3年間のひたむきにチャレンジをしていた
選手を私は本当に尊敬しています。

お疲れ様でした。
そしてこれからの人生も最高に楽しんでください!







スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ronaldo9satoshi.blog97.fc2.com/tb.php/46-31a179ff
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。