上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日私は、株式会社ネクストの社長、井上高志さんのお話を聞いた。
本気で感動した。
鳥肌立って、涙さえ出そうになった。

井上さんの最初の発言。「私の人生の目標は世界平和です」。この言葉を聴いた時、やられた・・と思って呆気にとられた。
だって、あなたの事業はネットを媒体にした不動産仲介でしょ?どうやって世界平和を実現するの?どこにそんな根拠があるの?様々な疑問が浮かび上がってきた。

世の中にはこういった言葉に対する解釈が3通りあるのではないだろうか。
それを綺麗ごと、非現実的だと言って馬鹿にする人間。
馬鹿にしないが、何も感じない人間。動かない人間。
その言葉を信じる人間。その夢を追いかける人間。

おそらく雑誌で同じことを読んでいたとしたら私は「その言葉を信じる人間」にはなれなかった。
だが、井上さんの言葉~その声とその時の輝いた目~を見たとき、この人は「本気」だ。そう120%感じた。
不動産はあくまでも出発段階の切り口。目標はまだまだ大きい。だが、一人ひとりの生活に対する「不」の部分、

不満
不安
不透明

それらの「不」を一つ一つ解決するシステムを作れば、絶対世界はより幸せになるし、そのモデルは現在ネクストが取り組んでいる事業と密接不可分に関わっている。

井上社長の掲げる「利他主義」。それは雑誌で読んだら偽善にしか聞こえない。
だがそれを人生の目標にして、実際に行動を起こしている彼を誰が偽善者と呼べるのだろう?
利他主義が手段であれば偽善かもしれない。だがそれが目標になった時、利他主義は綺麗ごとではなくなる。時には苦痛が必ず伴うだろう。失敗もする。だが、目標が自己満足だけでないから頑張れる。失敗を活かせる。

そして何故私が感動したかというと、自分もその目標が完璧に見えてしまったからだ。夢と夢がシンクロナイズする瞬間。鳥肌もんだった。
自分が最近抱いていた「社会貢献ビジネス」に対する疑問を吹っ飛ばすには十分すぎるほど荘厳なお言葉だった。

見えるものを信じるのは当たり前。
見えるものを創るのも当たり前。
でも、見えないものを信じて、それを形にすることは当たり前ではない。
けれども、それが実現されたときの感激はお金には絶対返られないし、その瞬間心底、生きてて良かったって思える。

参加者全員がプラカードに自分の目標を書いて掲げたとき、私は井上さんに選ばれ、発言した。
私が書いた夢は「社会貢献をビジネスモデルに。「与える」起業!!」その目標達成のために毎日邁進している。具体案を出して自分としてはアツく語った。

説明を聞いた井上さんは激励してくれた。
出来る、出来ないかじゃないよな。やるか、やらないかだよな。
こう言ってくれた時、この人物がとてつもなくかっこよく見えた。かっこよすぎだった。
目標を追いかけている人の目ってこんなに綺麗なんだなと思った。

米のGeneral Electronic前社長ジャックウェルチがリーダーシップに不可欠な4Eを挙げている。

Energy
Energize
Edge
Execute

最後のExecuteが一番大変で難しい点。自分の軸を一貫して貫きとおす。どんな修羅場に立たされてもだ。この点に対して私は懸念を抱いていた。自分は本当に無条件に「与える」人間になれるのか。
この一週間、目標を再確認していた自分にとって井上さんとの出会いは奇跡的だった。

「現状に満足しないで革進し続ける。次へ、その次へ、NEXT。」
またしても出会いに救われた。

二十歳の誕生日プレゼントとして、一番「今」の自分が欲しかったプレゼントだった。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ronaldo9satoshi.blog97.fc2.com/tb.php/4-2069ad90
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。