上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この夏、Summer 2009、あるチャレンジに挑みたいと思う。

それは「Grassroot Fund Raising Party 2009」である。

簡単に言うと、世界を変えたい学生を一つの空間に集める。

そこで、「アート」という名の「自己表現」を通して学生時代の夏を楽しむと同時に、
世界の反対側で子供達が食事と本を片手に笑っている。

私はそんなイメージを抱いている。

無理のない、新しい形をとった寄付行為。
それはもはや当事者にとっては寄付ではない。

払っても良いと考えるサービスに対する対価である。

ビジネスライクに目線は同等でサービス(Show)を提供する。

同情で、金を払うのではないのである。
ただの優しさではなく、きっと持続可能な「+αの優しさ」が今後は必要になってくる。

要するに、先進国・途上国という概念を取っ払って、
世界中の人間が同時に笑えるような感動を提供すること。

この夏、自分の限界に挑戦したいと思う。
3か月では圧倒的に時間が足りないが、120%出してやってみないと
わからない。

やらないと変わらない。

本日友人のF氏が言っていた。

「1人の100歩より、100人の1歩」

当たり前のようで、忘れがちな教えである。

GrassRoots (草の根)の力を証明する挑戦が始まった。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ronaldo9satoshi.blog97.fc2.com/tb.php/16-df0a7378
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。