上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
早いもので、2009年も残るところ1日。
今までの人生で最もアツかったこの1年。
本当に悩み、笑い、泣き、ワクワクしたこの1年、2010年に繋げるためにじっくり考察してみたい。

自分を変えて、世界を変える。
この言葉を2009年1月1日、実家の静岡で書き殴った。
今までの自分を越えたかった。
より驚きが溢れる世界へ辿りつきたかった。
具体的なイメージはなかったが、とにかく変えたかった。そんな若い自分がいた。
野田智義氏著リーダーシップの旅を読んで得た気づきを軸に、
2009年のスタートからがむしゃらに走り続けてきた。

1月:『出会い』
とにかく学生・社会人に会った。本をひたすら読んだ。ブログで想いを綴った。
就職活動を今経験したくて、スローガンに週3日の勢いで通った。友人と共にサークルを立ち上げた。始めて、自らの自主的な試みで世界が急激に変わっていくことを感じている自分がいた。

2月:『飛躍』
さらに人と出会い、自分自身の力で仕掛ける楽しみを知る。
☆自ら立ち上げた学生団体、Global Catalystの活動の軸である経営者インタビューをとことん行った。
創業者の自らの声を聞くことで、チャレンジすることの楽しみを感じられるようになる。
Alpha Leadersの入住氏にもお世話になった。
☆ビジネスコンテストFRI Campに初出場、優勝。ここからビジネスの可能性・面白さに対して惹かれる。しかし、当時はビジネスを学ぶことを狭く目的として捉えたことで、違和感を覚える。
スケール感は小さかったが、確かな手応えを感じていた。

3月:『失速』
経営者インタビューをさらに続け、セミナー参加等を通して人と出会い続けるが、『迷う』
一体自分は何かしたかったのか??走っている目的のイメージが掴めずに悩んだ。
空回りしていた。
しかし、ここでまた転機が訪れる。
NGO団体Room to Read創業者であるJohn Wood氏の著書と出会う。
心が燃える。1人の人間がここまで世界をポジティブに変えることが出来るのか・・?
信じられないくらいのInspirationを貰った結果、リアルと出会う旅に出ることを決意した。

4月:『カラフル』
☆人生が変わった旅、ベトナム・カンボジア。
今までの世界観が破壊された、そして新たな色が見えた。
今までスッキリしなかった未来像が見えた。
☆恩師、藤沢 烈氏とついに出会う。鈴木仁士の世界にさらに衝撃が走った。
Table For Twoにもこの時期に出会う。社会問題解決と事業性両方を追求したモデルに衝撃を受ける。

5月:『始まり』
☆カンボジアにて着想を得た新たな寄付パーティー『Dreams for Asia』という旅が音を立てて始まった。
1人で1歩を踏み出す感覚。野田さんの言葉を身にしみて感じた。
本当に苦戦した。協賛先企業の多くとぶつかった。共に歩むパートナーの重要性も痛感した。
そして何より、Grassroots(草の根)から変革を起こせるということを心の底から信じている自分に
客観的に気づけた。自分は一体何を伝えたいのか?初心に戻り探究した。
☆同時期に、鈴木仁士の人生を変えた野田氏が代表を務めるISLでのインターンが開始する。

6月:『巻き込み』
☆自分の声が、世界に届き始めることを感じる。葛藤し続けた後に光が見えた。
Street Canvasでのインターン開始。素敵な女性起業家のR氏にも出会え、面白い学生と共にArt×Crowd Sourcingビジネス構築へ取り掛かる。

7月:『勢い』
☆恩師、Beers for BooksGary氏に出会う。
想いが想いを繋げる
夢を支えてくれる社会人の強さ・そして存在について実体験と共に気づく。
今まで会う可能性のなかった面白い方々と毎日出会い、今まで以上のスピード感で目標達成へ近づいていることを
体感。
ある程度のフローを得てからは、止まる気がしなかった。

8月:『DO or DIE』
『Dreams for Asia』漬けの毎日。
明日死んでも後悔しないってくらい没頭した。
チームと共に最高なイベントを創る旅、本当に楽しかった。

9月:『躍進&内省』
Dreams for Asia第一弾が形としては『成功』に終わった。
そしてすぐカリフォルニア州サンディエゴへ『革命』留学。
4ヶ月間走り続けてきた目標を形式的には達成したことで、満足感と共に
激しい内省に駆られた。
確実に自信を得たが、一体自分はなぜ『Dreams for Asia』をスタートしたのか?
一体どんな鈴木仁士になりたいのか?何を世界に残して、死にたいのか?
という問いが次から次へと浮かび上がってきた。
そこで人生史上最も考えたし、様々な悟りを得れた。
インタビューを通して過去の先駆者が得た知見を擬似的に吸収し、とにかく
世界を『ひっくり返す』試みへ思考を巡らした。

10月:『ソーシャルメディア≒繋がり』
☆自分が無条件で達成したいことを探しながらも、サンディエゴにて
『わくわく』のリソースと出会えた。
それがTwitterに代表されるソーシャルメディア。米国にて辛い・アツい思考を
リアルタイムで世界中の人間と共有→盛り上がれる→創造に近づけるプロセス。
なんて最高な時代に生まれたのだ・・そう痛感した。
サンディエゴのRoom to Read Chapter Leaderの方と共に米国でも目的を遂行出来ると
いう手答えも覚えた。
☆University of California, San Diegoにて友人と共にRoom to Read学生支部も設立。
世界を繋げる試みを展開。

11月:『突き抜け』
ずっとずっと考えていた実現したい未来像が遂に見えた。
『驚き』で世界の精神的貧困を根絶する。
途上国とか、教育を提供するとか、『何か』を提供するのではなく、
自分達自身を改めて直視した。全然『途上』だった。
もし根底から世界を変えるのであれば、その変化は私達自身の中から起きないといけない。
気づいたら『Wonder Shake』を開始していた。
ライフスタイルから私達の認識が変わる子供に戻れるわくわくする場の創造
オンラインでの気づきから、リアルライフでの変化。
実験段階だったが、とりあえず走り始めた。

12月:『SHAKE』
人生が、世界が『確信』と共に揺れ始めた。
Twitterを経由して面白いプロジェクトを共にやらないか?そう社会人の方にお誘いされたり、
世界中で動いている学生と繋がり合って仕掛けを用意したり。
『ソーシャルメディア×ワールドイノベーション』

現在は2週間前から始めたNY→LAの旅の途中。
相当久しぶりに日本外で過ごす年末。
クリエイティブが集まるこの町で何を思いながら2010年を迎えるのか?

2010年はそう。
『決意、そして革命』の1年。

ワクワクで溢れていた2009年。
しかし、好奇心に限界はない。
Wonder Resouceは無限。

世界中に、ナイジェリアに、ロンドンに、カンボジアに、日本に。
心が動く驚きを。

2009年の自分を越える。2011年の自分を越える。
過去も未来も、『今』変える、突き抜けていく。

2010年もまだまだ途上な鈴木仁士を宜しくお願い致します。

新たなストーリーの始まり。
新ブログ始めます。










スポンサーサイト
現在は友人のA氏がいるフィラデルフィアに来ています。

こんな感じの寒さです。

さて、先日新たなWIKIリストを作成しました。
新規追加・編集・Twitter上でRTして頂けますと幸いです。

こちらです:

World Innovation×Social Media

現在日本・海外でソーシャルメディアの先駆者として活躍している方々
(ブロガー・ジャーナリスト)をまとめています。

このリストを創ったDoublesの目的は:

①自分の思考整理のため
②ソーシャルメディアがもつ本質的な力を模索し、その実態を1人でも多くの方々に伝えるため

やはり、最近は社会起業がブームになったように、
ソーシャルメディアに関しての情報も多く流れるようになりました。
情報量、オプションが多い中で、自らの夢を実現する『手段』としてのソーシャルメディアが
気づいたら自分を翻弄する道具にならないように。

まだまだ自分も未熟ですが、
自分はソーシャルメディアをGrassrootsを繋げる大事なリソースとして捉えています。

今週中に新たに開設するDoubles 2010 ブログと共に、
今後のソーシャルメディアのさらなる深み・広がりに加え、
無限リソースである『Wonder』の活用にフォーカスをあて、そのプロセスをお伝えしていきたいと思います。







本日も午前6時寝→午後2時起きでしたが、色々と学びがありました。

ソーシャルメディアの可能性についてINSPIREされながら、思考を巡らしてところ、
Twitter上にて、@IHayato氏とお話し、日本版のMashableを創ったらアツいよね?という話で
盛り上がりました。

自分はやはりソーシャルメディアに相当な可能性を感じています。
ソーシャルメディアが今後、1人の人生【(目的)実現へのプロセス】を大きく変えると感じます。
故に、2010年はMashable並みにスタイルあり、スピード・スケール感のあるサービスを
創ろうと考えています。同様のアプローチで日本版のMashableも相当面白いと考えています。

さて、本日は。

内容が良いのだが英語で長い・・・という問題点があったので。
著名ライターのSeth Godin氏が集め、無料で共有して下さった
What Matters Nowの要点をまとめてみることにしました。
完全に勢いでやってます笑

全て英語なのですが、これは『面白い』です。
現在、変化を最前線で生んでいる人々の名言。
PDFファイルが『FREE』かつ、内容が本当に濃い。

ではどうぞ。簡易版、What Matters Now。
和約&要約バージョンなので、本来の良さが消えてしまうことは十分承知ですが、
今日を楽しむ参考までに!

本日は、最初の20個を紹介します。さすがに一時間で82個は厳しいです笑

**********************************************************************************************
What Matters Now: 今、本当に必要なこととは?

1. 寛容さ:
変化を生むことは、何かを提供することだ。
今年あなたは、何かをあげることで、より多くのものを得ることを知るだろう。
-Seth Godin,著者、スピーカー、ブロガー

2. 恐怖:
誰もが恐怖を感じている。だが、恐怖が去るまで、果敢に生きる意思決定をとろうじゃないか。
-Anne Jackson, 著書:Permission to Speak Freely

3.事実:
事実として許容されていて、効果が普及していて、
人々によって実践されていることほど疑わなければいけないものはない。
-Jessic Hagry Blog: Indexed

4.尊厳:
尊厳とは、自らの人生を創る、運命を自分が握る結果としてついてくる価値である。
お金を誰かに提供することは容易だが、尊厳を与えることは難しい。
2010年、隣の人間が自分自身の人生を描ける仕組みを創ることは『機会』ではなく、
私達の『責任』である。
-Jacqueline Novogratz, Acumen Fund 創設者

5.意味:
情報が多い中で、人々の意見を全て聞いていたら日が暮れるだろう。
自分の声を聞こう。
-Hugh MacLeod Blog: Gaping Void

6.安らぎ:
私達は生き急ぎすぎている。今日一日だけでも、心を休ませてみようじゃないか。
-Elizabeth Gilbert, 著書:『Eat, Pray, Love』

7.繋がり:
Twitter, Facebook, Blog等によって『繋がり』は増えた気がするが。
街に出れば、すれ違う人々はあいさつもしない、下を向いて歩いている。
しかし、私達は今までにない『繋がり』を感じている。
あなたも一度、考えてほしい。
-Howard Mann, スピーカー、実業家、著書:『Your Business Brickyard』

8.(再)資本主義
不変なものはない。資本主義だって『進化』している。
故に、変化を否定してはいけない。
-Chris Meyer, 著者

9.ビジョン
ビジョンとは私達の、組織内を走る『血流』である。
私達は長期戦になると、モチベーションを失いがちになるが、
最も大事なこと。それは描きたい未来像≒ビジョンをもつことである。
ビジョンが全てのきっかけになる。
-Michael Hyatt, Thomas Nelson Publisher社長

10.充実
あなたは、誰かの一日を充実させることで、『充実』出来る。
そのために出来ること:
①約束をすること→何かを与えること
②面倒をみること→自分同様に共感すること
③繋げること→人間を繋げる機会を設けること
④会話をすること→相手が聞きたいことではなく、『素直』に話そう、
⑤可能性を拡大すること:相手をワクワクさせよう
その結果、気づけばあなたは『充実』しているはずだ。
-Rajesh Setty, シリコンバレー出身、実業家・著者・スピーカー

11.1%
ほんの少しのきっかけがあれば、世界を変えることは可能である。
数ではない、質だ。今年はその可能性を感じ取ろう。
-Jackie Huba, 著者『Citizen Marketers』

12.伝える
何?を話すかより、何故?それを話すかが重要である。
素直になろう、リアルになろう、自分の熱さをさらけ出そう。
これはリスクだろうか?いや、結果を見たらあなたは驚くだろう。
-Mark Hurst, Creative Good創設者

13.原子
この10数年で、WEB上にて様々な技術が生まれてきた。
今年は、コンセプト上で認知され始めた概念(≒原子)が真に試される年だ。
本当の革命はここから始まる。
-Chris Anderson, 『Wired Magazine』編集者

14.エクセレンス
(19 Es of Execellenceという内容でしたが、長いのでそこから面白いものをピックアップ)
『自分のベストを引き出す際に現れる最悪の危険は、
私達が目的を高く立てすぎてそれを達成出来ないことではない。
目的を低く設定して、それを達成してしまうことだ』(ミケランジェロ)
-Tom.Peters 著書:"The Little Big Things:163 Ways to Pursue Excellence"

15.ベスト
全てのことにおいて一番になるのではなく、自分が信じられることでベストになることを考えよう。
-William.C.Taylor, 雑誌『Fast Company』共同創設者

16.強み
『弱み』ではなく、『強み』を知り、集中しよう。
強いことと弱いことの違いは何か?
あなたは、自分が強いことを『自然』と出来るのではないだろうか?
自分が信じられる好きなことを極めよう。
-Marti.Barletta コンサルタント、著書:『Marketing to Woman』

17.さざ波
教育には、『波及効果』がある。
一冊の本で、子供は自らの世界を無限に拡大し、世界を変えられる。
しかし、途上国ではさざ波を起こす最初の一歩が今までなかったのである。
私は世界中に学校があり、図書館があり、
子供が教育を受ける環境がある世界を夢見ている。
『木を植える最も最適な時期は20年前だった。二番目に最適な時期は『今』なんだ』
-John Wood, Room to Read創設者

18.非持続性
持続可能性を実現するためには、まず『非持続可能生』を
実感をもって『直視』しないといけない。
-Alan.M.Webber 雑誌Fast Company創設者

19.自主性
マネジメントという概念は『自然』ではない。
もしあなたが、メンバーの自主的な取り組みを求めているのなら、以下のことに関する『自由』が必要だ。
①タスク:『何』をするか?
②時間:『いつまで』にやるのか?
③スキル:『どのように』やるのか?
④チーム:『誰と』やるのか?
リーダーと言われる人間は、やり方を押し付けない。
-Daniel.H.Pink 著書『Whole New World』から。

20.ポーカー
ビジネスとは『ゲーム』だ。
私はビジネスで起きる全ての事柄をポーカーから学んだ。
ビジネスで『成功』したいのなら、
それを『生きる』ように『空気を吸う』ように愛さないといけない。
-Tony Hsieh, Zappos.com 社長

**********************************************************************************************

上記の様ような、内容がつまっているわけです。
『What Matters Now』

82個読んで思います。
それは、いつだって変化は自分で創るものだってこと。

一体自分は、あなたと共にどこまで楽しむことが出来るのでしょうか?

今後とも共創、宜しくお願い致します。











久しぶりに完全に素直に語らせて頂きます。

自分は、『感動の木(=Wonder Tree)』を育てたい。
その木を今、植えたい。そしてあなた(≒世界)と一緒にそれを育てたい。

感動(=Wonder)という資源は、無限です。
どんなに味わっても、尽きないのです。

そう、世界には世界の人口を養うだけの食糧があります。
世界の知を養う本だってあります。

では何が現在、足りていないのか??

それは感動=驚き=WONDER.そしてアイデア

感動すること、それは自分の世界が揺れること。SHAKEすること。
違和感を感じつつも、それを何故か自然と認めたくなること。

『感動』はどんな精神的な貧しさも直せる、そう自分は信じています。

私達の毎日はモノがなくてももっともっと楽しめる。
どんな状況にいても、私達には『ある力』があります。

そう『見えないものを見る力』

自分の目の前に『壁』を感じることは最大のチャンス。不安を感じることも
絶好の機会。なぜなら、それらを超えられるから。


明日死んでも後悔ないくらい、明日にでも実現したい世界に向かい、
今を生き切る。

もっともっと面白く、もっともっと風(=Breathe)を感じたい。

『感動の木』を世界に植えることを通して、自分で自分の『世界』の定義を描きたい。

そのために走りきる。
一瞬たりとも無駄にしない。大事に木を育てたい。

ソーシャルメディアが限界を打破した時間・空間の差。
それを最大限活用しなかったらもったない。

デジタルとリアルと劇的に繋げる。

Wonder Shakeをベースに、
皆さんと一緒に『感動の木』を育てたい。

本日は最後に、Doublesが大好きな格言。

The Best Time to Plant A Tree was 20 Years Ago.
The Second Best Time Is NOW

誰も切ることが出来ない、無限の可能性を秘めた『木』がここにあります。

言語も必要のない『感動の木≒Wonder Tree』。それは:
あなたのアイデアで育つ。

言うのは簡単。だが、Doublesは『やります』。

12月後半も、面白い仕掛けを構想中。

おそらく舞台はニューヨーク・・・がっつり楽しみます☆















さて、期末試験も終了し冬休みに入りましたので思考を共有させて頂きたいと思います。

革命(自分そして世界に対する)留学が始まってから3カ月、一学期目が終了しました。

やはり、自分のこの3カ月間の経験を本当に面白くしてくれたのは、
『Social Media』
特に、Twitterには本当に楽しませてもらっています。

Twitterの何がすごいかというと:

San Diegoに来てからの方が、日本の面白い人間と出会えている
ということです。
これは予想していなかったプレゼントでした。

やはり面白い人(変わっている)の周りには、同様に面白い人間がいます。
San Diegoにいる変わった人々に出会いながら、さらに日本ともリンクが出来る。
フォロワー数も無事430人に到達し、日々新しい・面白い方々と交流が出来ています。
これは、自分がもつ本当に大事な『リソース』です。

そしてTwitterに関しては、ICU生もどんどん使い始めています☆
(ICUになかなか主流な流れへの反応が遅いのですが、
Twitterは米国発だと考えると、ICU生が使っても違和感なし)

さて、Doublesが2009年の終わりに痛感(ワクワク)すること。それは:

2010年は、俄然ソーシャルメディアが『ライフスタイル化』する年
だということ。

時間も空間も関係なく、人と人、アイデアとアイデアが繋がり合うことが、
きっと空気を吸うように『リアル×バーチャル』が自然になる。

そこで。ソーシャルメディアという言葉を多用するのも個人的に好きでないので、
その言葉が捉えている『事象・特徴』について語ります。

自分が感じるのはやはり以下の3点。この3点を駆使した企業・非営利団体・個人の存在感が
ますます大きくなっていく、そう考えます。

3点の頭文字をとって:LSS

①ライブ感(L)・・・
☆Twitter, USTREAMを代表とするリアルタイムサービス。
Youtubeの動画コンテンツ提供とはまた別のフィールドで、個人と個人が
同じ瞬間に、同じ価値を共有できるようになる。

②スケール感(S)・・・
☆もはや空間の制約は存在しない。ワイヤレスサービスさえ存在すれば、『誰』とでも『今』、
『何』でも出来てしまう。

③スピード感(S)・・・
☆『場』に付随するアプリケーションを『個人』が創ることが可能になったおかげで、
毎日新しい価値が提供される。
☆そして、そのサービスを使うことで従来とは比較できないスピードで個人の仕掛けが成長していく。


以上の3点は当然相互に補完し合い、尋常ではないパワーを生む。
そしてこういった特徴を生かせば、アイデア次第で誰でも世界を
『驚かす』ことが出来る。

そんな素晴らしい時代を『今』私達は生きている。

そしてLSSを基礎として、Doublesの2010年の攻め方は:

やはり①INSPIRE ②CREATE ③SHARE
の3拍子。

①INSPIRE

個人的に12月中にSocial Media Marketingの現状、
そして展望は網羅するため、毎日集中的に勉強しています。
世界中から集まる面白いアイデアを食べ、それをCREATEへと届ける。

②CREATE

INSPIREは自ずと『アイデア』を生みます。
そこでWonder Shake を皮切りに、どんどん見えない価値を劇的に繋げていきます。

③SHARE

そしてCREATEしたものは、戦略を立てた上で、即他ソーシャルメディアを利用して、
『共有』。

最後に、Doublesが注意を払う点を補足として。

☆ソーシャルメディアというBUZZ WORDに囚われるのではく、
それが現在脚光を浴びる根底にある理由を捉えながら、その『次』の形をイメージすること。

☆2010年、ソーシャルメディアを始め、私達の『オプション』はどんどん拡大します。
そこで、どの時代にも共通されることですが。
『道具』に踊らされないこと。
視野が狭い、目的が不明確だと道具に囚われ本来のイメージを
忘れてしまします。そこは常に意識しないと危険。

2009年を振り返るつもりでしたが、
とりあえず興奮して今はまっていることをシェアしてしまいました。

ちなみに自分の現在はまっている人物は:
Mashable代表のPete Cashmore氏。
自分が毎日愛用しているソーシャルメディア情報の発信源Mashableを若干19歳で創業し、
現在まだ24歳という驚異の男です笑。クリエイティブすぎる彼は最近の目標。

Charity WaterのScott Harrison氏。彼も若く、相当わくわくする仕掛けをNPOにて行う素敵な方です。

とにかくアイデアで溢れる12月。
来週もアップデートを挟みつつ、走りきります☆

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。